<法務職> 初めて転職エージェントを利用する方へ|法務・パラリーガル・弁理士・知的財産の転職・求人情報なら「法務求人.jp」

転職ノウハウ

<法務職> 初めて転職エージェントを利用する方へ

目次
  • 1. そもそも「転職エージェント」とは?

  • 2. どんな人が転職エージェントに登録するべきか?

  • 3. 「人材紹介」と「人材派遣」の違い

  • 4. 転職エージェントを利用する場合の流れ

  • 5. 転職エージェントを利用するメリット

  • 6. 転職エージェントからのアドバイス

初めて転職エージェントを利用する方の中には、「転職エージェントを通して転職活動をすると、かえって手間がかかるのではないか…」と思っていらっしゃる方や、「インターネット上にたくさんの求人があふれているのに、わざわざ転職エージェントに頼んで探してもらう意味はあるのだろうか…」という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、初めて転職エージェントを利用する方に向けて、転職エージェントのサービスの内容やメリットについて紹介します。これから転職したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1. そもそも「転職エージェント」とは?

「転職エージェント」とは、一体どのようなサービスなのでしょうか?

法務分野に特化した転職エージェントは、正社員として企業の法務部や法律事務所に転職したいと考えている方の転職活動を総合的にサポートするサービスです。

転職エージェントは、転職のプロとして転職のノウハウに精通しているため、ご自身のキャリアに応じた最適な転職プランを提示することができます。また、転職環境の最新動向を把握しているため、ご自身が転職するタイミングに合わせた適切な戦略を立てることができます。このため、ご自身で転職活動をするよりも効率的に転職活動を進めることができ、転職を成功させる確率を高めることができます。


採用企業側としても、転職エージェントを利用するメリットがあります。転職エージェントを利用すると、企業の求める人材を厳選して応募者を紹介してくれるため、採用にかける時間的コストを削減できるのです。また、自社採用サイトや求人広告等で公募できないポジションの場合は、confidential求人(非公開求人)として転職エージェントに依頼し、極秘に採用活動を進めることができます。

2. どんな人が転職エージェントに登録するべきか?

転職エージェントは、正社員として法務分野のお仕事に転職したいとお考えの方であれば、どなたでもご利用いただけます。「今は企業の法務部に勤めているが、正社員として法律事務所の事務職員に転職したい。法律事務所業界についてわからないので、自分にあった求人を教えてほしい」という方や、「法学部/法科大学院を卒業後、現在は企業で営業の仕事をしているが、法務部に転職して契約関連の仕事に携わりたい。早期にキャリアチェンジをすべく、効率的な転職活動を行いたい」という方は、せひご利用ください。

株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社は、法務分野に特化した転職エージェントとして、企業の法務部や知財部、法律事務所の事務職員やパラリーガル、弁護士秘書等、法務分野の求人を幅広く取り扱っています。法務分野での転職をお考えの方は、お気軽にご登録ください。

3. 「人材紹介」と「人材派遣」の違い

初めて転職エージェントを利用する方にとって、「転職エージェント(人材紹介)」と「人材派遣」の違いは分かりにくいかもしれません。

転職エージェント(人材紹介)は、正社員としての転職を目指している方をサポートするサービスです。人材派遣は、派遣社員として働きたいと考えている方を対象にした制度です。当社に派遣登録していただいた場合は、当社と雇用契約を締結したうえで、当社のスタッフとして派遣先企業/法律事務所でお仕事に就いていただくことになります。

両者の詳しい違いについては、「「法律事務所の事務職員・パラリーガル」や「企業の法務アシスタント」として派遣登録したい方へ」※1で解説しておりますので、そちらを参考にしてください。

4. 転職エージェントを利用する場合の流れ

転職エージェントを利用した場合のスケジュールは、いくつかのステップに分かれます。①転職エージェント会社への登録、②転職エージェントとの面談、③応募先の選定、④書類選考、⑤採用面接、⑥内定・オファー面談、⑦現職への退職交渉、⑧入社/入所です。

それぞれのステップの詳しい内容については、「転職エージェントを活用した場合の法務転職スケジュール【前編】」※2「転職エージェントを活用した場合の法務転職スケジュール【後編】」※3で解説していますので、そちらをご覧ください。

5. 転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを通して転職活動を行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット① 非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントを利用すると、「非公開求人」を紹介してくれます。非公開求人とは、企業のホームページや一般の転職サイトには掲載されていない求人です。転職エージェントが独自に保有する求人であるため、ご自身で検索しても見つけることができません。

どうして「非公開求人」というものがあるのでしょうか?大手企業や人気企業の場合、求人を公開すると全国各地から多数の応募が集まるため、書類選考や面接に時間がかかります。非公開求人の場合は、転職エージェントが希望に合う人材を厳選して紹介してくれるため、採用にかける時間的コストを削減できます。このように、書類選考や面接でのミスマッチを減らすために、非公開求人というシステムがあります。また、経営に関わるポジション、管理職のポジションなども非公開にされることが多く、極秘に採用活動を進めたい求人は、採用企業が非公開求人として転職エージェントを利用します。

非公開求人は、転職エージェントを利用している人しか応募できない求人です。転職エージェントに登録すると、自分では見つけることができない求人に出会うことができ、転職のチャンスを広げることができるかもしれません。

メリット② 面接のフィードバックをもらって次につなげることができる

転職活動がうまくいかない方の中には、「書類選考の通過率は良いのに、いつも面接で落とされる」という方がいらっしゃいます。

面接は第三者による試験であるため、自分自身で面接を振り返っても、改善すべき箇所や欠点を見つけることが難しいという問題があります。

しかし、転職エージェントを利用した場合は、転職エージェントが面接官や人事担当者から面接のフィードバックをもらいます。具体的なフィードバックをもらうことによって、同じ失敗を繰り返すことを防止して、次の面接につなげることができます。

例えば、面接官から「法務部での実務経験は素晴らしいが、緊張していたせいか、こちらからの質問に対して曖昧な答えしか返ってこなかったので、そこを懸念して不採用という結論になりました」というコメントをもらった場合は、質疑応答を中心とした面接練習を行うことによって、次回の面接に備えることができます。

もちろん、転職エージェントを利用していない場合でも、直接ご自身で面接の評価を尋ねることは可能です。しかし、面接官としても、本人に対して不採用の理由をありのままに伝えることは憚られるため、どうしても曖昧な表現になってしまいます。このため、不合格となった真の原因を追及することができず、何度も同じ失敗を繰り返してしまうおそれがあります。

メリット③ 応募先企業・法律事務所の評価に応じて転職活動全体の進め方をアドバイスしてくれる

ご自身で転職活動を行う場合、採用企業・法律事務所とのやり取りは最低限の事務連絡に限られます。しかし、転職エージェントを通して応募する場合は、転職エージェントが「この方の印象はいかがですか?」というように、企業側の感触についてさりげなくお尋ねします。このとき、「応募者の中で一番実務経験が豊富なので、人事からも法務からも評価が高いですよ」等のポジティブなコメントをいただいた場合は、その旨応募者にお伝えいたします。このように好意的なフィードバックをもらった場合は、「今回評価された点は、次回選考でも積極的にアピールしていこう」というように、効果的に選考を進めるための戦略につなげることができます。
反対に、企業からの感触が芳しくない場合は、「今回の面接通過は難しいかもしれないので、すぐに別の応募先に応募できるように準備を進めておこう」というように、就職活動全体を考えながらスケジュールを微調整することができます。

このように、転職エージェントに応募先企業・法律事務所の感触を伝えてもらうことによって、俯瞰的な視点を持って転職活動全体を見据えることができ、効率的なスケジュールで転職活動を進めることができます。

メリット④ 効率的に転職活動を進めることができる

転職エージェントは、転職に関する知識とノウハウを持っているため、「法務部で〇〇という実務経験がある人は、〇〇系の企業に受かりやすい」等の相場感を持っています。このため、選考に通りやすい企業に絞って効率的に応募することができ、書類選考や面接の通過率を高めることができます。

現職がお忙しい方にとって、「スピーディーに転職活動を進める」ということは重要なポイントです。やみくもに多数の企業に応募すると、面接の日程調整等で企業とのやり取りが多くなり、現職の業務に支障がでる可能性があります。転職エージェントを利用すると、このような手間を省いて効率的に転職活動を進めることができます。

メリット⑤ 完全に無料で利用できる

転職エージェントのサービスは、完全に無料で利用することができます。

一般的な転職エージェントのサービスは、内定者の入社(入所)が決まった段階で、採用企業がエージェント会社にコンサルティングフィーを支払います。企業側から支払う費用で成り立っているサービスであるため、転職エージェントサービス登録者は無料で利用することができます。ご自身の費用負担は一切ありませんので、安心してご利用ください。

6. 転職エージェントからのアドバイス

今回は、初めて転職エージェントを利用する方に向けて、転職エージェントのサービスの概要やメリットについて紹介しました。

転職エージェントは、機械的に求人を紹介するサービスではありません。転職環境の最新の動向をチェックしたうえで、これまでに蓄積した転職のノウハウを生かし、ご自身の実務経験やご希望に即した適切な求人をマッチングいたします。このため、ご自身で転職活動を進めるよりも、効率的かつ戦略的に転職活動を進めることができます。

株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社は、法務業界に特化した転職エージェントとして、転職に関する総合的なサポートを行っています。正社員として法務分野での転職をお考えの方は、どうぞお気軽にご利用ください。

記事提供ライター

元弁護士 ライター
東京大学卒業後、2009年に司法試験に合格。弁護士として知的財産業務、企業取引等のビジネス関連の業務を扱う。現在は海外に在住し、法律関連の執筆や講演を行う。

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

転職エージェントサービスに申し込む(無料)

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

TOP