弁護士の転職ストーリー14 「もっとバリバリ働きたい」中規模企業法務系事務所へ移籍した20代後半弁護士の場合|弁理士の転職や知財・特許の求人情報なら「法務求人.jp」

転職成功事例

弁護士の転職ストーリー14 「もっとバリバリ働きたい」中規模企業法務系事務所へ移籍した20代後半弁護士の場合

小さな規模の法律事務所にて2年間の勤務し、契約審査、法律相談等の一般企業法務、M&A案件等幅広く担当されていた弁護士の転職ストーリーです。もっと多くの経験を積み、成長したいとの思いから転職を考えるようになりました。現在は中規模法律事務所にて企業法務全般に深く携わり、転職先で成し遂げたかったことを実現させています。

転職検討理由…同期と比較しての焦り

以前在籍していた事務所では一般企業法務、M&A案件等幅広い企業法務経験ができ、ある程度満足できる環境ではありました。その一方で他事務所で働いている同期と話をしていると、皆、苦しみながらもハードに働いていて、自分自身の日々の業務量が少ないと感じました。このまま事務所にいても同期との差は広がるばかりであるとも思え、将来に対する不安や焦りも感じるようになり、もっと厳しく忙しい環境に身を置いて自己研鑽をするべきと考え、弁護士専門の転職エージェントである株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社に登録しました。※ご登録はページ下部の「弁護士の転職支援サービス登録フォーム」からお願いいたします。

希望に合った事務所が見つかり早期の転職を実現

担当いただいたエージェントの方には「今よりたくさんの企業法務案件をこなしたい」とシンプルな要望を伝えました。すぐにいくつかの法律事務所の求人をご紹介いただき、どんな案件を担当するのか、何時くらいまで執務するのかといったことや、事務所の雰囲気、代表弁護士のお人柄等の事務所に関する詳細な情報を教えていただけました。その中でも案件が潤沢にあるとお聞きした中規模の法律事務所が気になり応募をしました。面接でその事務所へ伺ってみると、エージェントの方から事前に聞いた内容通りの事務所であり、より入所したい気持ちが強くなりました。面接では私の前向きな姿勢を認めていただけ、その後続いた選考においても良い評価を得られ、無事内定となりました。周りには転職活動を三か月以上続けており、現職との両立に疲れている様子の弁護士がいた中で、エージェントの方のおかげで、約一か月でとても良いご縁をいただけたことに感謝です。

転職成功のカギとなったのは?エージェントによる分析

面談時にご本人の経験と希望に合致した求人を即座に紹介できたことにより、求職者の方の高いモチベーションをキープしたまま、1ヶ月弱というスピードで内定を獲得できました。転職活動に時間がかかってしまうと転職を決意した頃の情熱が冷めてしまったり、現職での状況が変わってしまったりすることがあり、転職成功が遠のくケースもあります。スピード感を持って転職活動ができるかが肝心です。条件面を含めて総合的に大変満足していただく結果となりました。


※掲載内容はインタビュー当時のものです。

C&Rリーガル・エージェンシー社による求人紹介はこちら

専任のエージェントがあなたの転職活動をサポート

転職エージェントサービスに申し込む(無料)

TOP